利用するメリットとデメリット

代行のメール送信サービスを使うメリット

メール代行サービスのメリットは「24時間いつでも対応できる」ということです。
従業員にメール対応をさせる場合、その人がいれば社内にいればいいのですが、帰宅などして不在になると翌日出社するまでメール対応ができなくなります。ですがメール代行サービスは365日、24時間対応しているところが多いので、深夜に顧客からメールが来たとしてもすぐに対応することができます。
2つ目のメリットは「企業の収益向上が望める」ことです
従業員がメール業務に忙殺されてしまうと製品の開発や売り込みなど、本来おこなうべきことが全くできなくなり、収益の減少が発生しかねません。そんな煩わしいメール対応を他の企業にアウトソーシングすれば、従業員がおこなうべき集中できるようになってそれが企業の収益向上につながります。

代行のメール送信を利用するデメリット

ただしメール代行サービスにもデメリットがひそんでいます。 その1つが「マニュアル外の対応が苦手」なことです。メール代行サービスをいろいろな企業から依頼を受けてサービスをおこなっているため、企業内では効率よく仕事をおこなうためのマニュアルが用意されています。そのため、自社の業務の中にマニュアルでは対処しきれないものがあれば、そこだけは自社の社員の任せるなどの対応が必要です。 他にも「意図しない対応をされる」というデメリットもあります。 メールの内容によっては、キッパリと断らなければいけないことがあるのですが、メール代行サービス側はマニュアルに自社のマニュアルに則っておこなうので、曖昧な断り方をするなど自身の意図したこととは違うことすることがあるので、ケース毎に対応する内容をあらかじめ伝えておかなければいけません。

メール配信のサービスとは、WEB上の様々なサイト、例えばショッピングサイトやお気に入りのアーティストのHPなどで登録でき、お得な情報や最新の情報をメールで手に入れられるサービスです。